ラメラエッセンスは化粧品、それとも医薬部外品なのか

ラメラエッセンス 口コミ

 

 

ラメラエッセンスは美容液

ラメラエッセンスは保湿効果が期待できると評判ですが、「医薬品」でも「医薬部外品」でもない、「化粧品」に分類される「美容液」です。

 

保湿効果を高めるのに、治療は必要ないので、医薬品などの刺激の強く副作用のリスクのある成分は必要ありませんよね。

 

しかし、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」と聞いても、何となく違いは分かっても、違いを分からない人は多いと思います。

 

まず、作用の強い順番に並べると

 

「医薬品」>「医薬部外品」>「化粧品」

 

です。

 

医薬品とは

 

配合されている有効成分の効果が、厚生労働省に効果がると認められたものです。

 

(1)日本薬局法の医薬品各条に規定のもの
(2)ヒトまたは動物の疾病の診断,治療または予防に使用することが目的とされているもので,器具器械でないもの
(3)ヒトまたは動物の身体の構造,機能に影響を及ぼすことが目的とされているものであって,器具器械,医薬部外品,化粧品でないもの

と難しく規定されています。

 

しかし、一番効果がある分、刺激や副作用が大きいというリスクがあります。
つまり、病気の「治療」「治す」を目的とした薬のことです。
例えば、病院で出してもらう処方箋の薬とか、ドラッグストアなどで処方箋なしで買える胃薬など、一般的にいう薬が「医薬品」にあたります。

 

医薬部外品とは

 

医薬品に準ずるのですが、医薬品ではないものです。

 

(1)医療用医薬品や一般用医薬品などの医薬品に属さない
(2)薬効が認められる成分は含んでおり、その作用は医薬品に比べて緩和である
(3)効能・効果を示す成分を含むと法で認められているが、疾病などに対する治療効果を発揮するものではない

と難しく規定されています。

 

効果や効能が認められた成分は入って配合されているのですが、医薬品に比べて、効果が弱いのです。
その分、医薬品と比べ刺激や副作用が少ないのです。
また、アレルギー反応などを起こす可能性のある成分名は、表示が義務付けられているのも特徴です。

 

 

化粧品とは

 

医薬部外品と比較しても、さらに効能・効果が弱く、刺激、副作用が極めて少ないのが特徴です。

 

(1)医薬部外品と比較してもさらに効能・効果が緩和
(2)清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品
(3)効能・効果は認可されていない

例えば、口紅、ファンデーション、ボディローションがあります。

TOPへ